酵素ドリンクの作り方をマスターして、美味しく健康に!

ダイエットだけでなく、デトックスや免疫力アップにも効果があると人気の酵素ドリンクですが、買うとなかなか高価です。
毎日続けるために、季節の野菜やフルーツを使った、自家製の酵素ドリンクの作り方をマスターしましょう。
作り方は簡単です。
まずは蓋つきの透明な容器を用意します。
ガラスやプラスチックでもかまいませんが、こぶしが入る大きさのものを選んでください。
次に果物と野菜、それに砂糖です。
果物と砂糖の割合は1:1.1、砂糖はミネラルがあると発酵の妨げになるので、白砂糖が適しています。
果物は良く洗い、ざく切りにします。
小さい方が発酵がスムーズに進むので、3~5cmくらいにカットします。
これらの材料を果物、砂糖の順に容器に入れ、最後は砂糖で蓋をします。
空気に触れされるためにガーゼなどで口を覆い、そのまま日光が当たらない温かい場所に置きます。
発酵がすすむのは35度くらいなので、できるだけ温かい場所に置くようにしましょう。
ここから1日2回手でかき混ぜます。
ただし、手は良く洗い水けをきった状態で行います。
徐々にシュワシュワと泡がたってきますが、これが発酵のサインです。
日に日に液体が増え、泡が細かく少なくなったら完成、約1週間から20日くらいが目安です。
完成したらガーゼで濾し、冷蔵庫で保管します。
手作りの酵素ドリンクは作り方も簡単で、好きな材料で好みの味に作ることができるので、おすすめです。